アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
空翔る鶴と芙蓉の嶺
ブログ紹介
 大正生まれの、ある信念を持った父ー美濃部正と、惚れ込んで子供達より夫を生涯大事にした母ー篤子に育てられ、昭和30年代40年代に教育を受け、両親の信念と学校や世間の空気の違いに戸惑い、逃れるようにというか社会学系より自然を語るときの父母の目の方が当時の私は好きで、自然科学(?)というか動物の世界に憧れ学び、紆余曲折を経て、今は我が道を歩んでいます。         
 高度経済成長期、バブルに浮かれた時期、そしてデフレ、様々な周辺諸国との問題などを経験してみて、やっと両親の信念を心から理解できるようになりました。                             
 太平洋戦争の激戦さなかの日記を元にした「大正っこの太平洋戦記」ー非売の本(関係者と全てを理解出来る方及び伝えなければいけない機関のみに寄贈してあります。)から差し障りのなさそうな所を中心にして、命と魂のバトンを受け継いだ者として、未来の「美しい国ー日本」とは、今、私達がどうすれば良いのか一つの参考になればと思います。                     
 
 「大正っこー」なんて、妙なタイトルを付けたなと思いましたが、ここに重大な想いと意味があることに、父の没後、母を近くに呼んでの生活の折々や出版作業中に気づきました。
  
    まとまり次第に少しずつ公開する予定です。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
申し訳ございません
 せっかくここにたどり着いて続きを期待されてらっしゃる方々に長い間更新しないで大変申し訳ございません。何人かの方に優しく激励して頂いて焦りました。                                            ただ、ネットや本や演劇で取り上げている事が、少々本来の父の姿や21世紀に生きる人に託した思いと違って来ていると私個人は思うのです。                                                     わざわざ県立図書館や国会図... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/23 14:15
幻の戦闘部隊「芙蓉隊」ー頑固親父 美濃部正 その2
ガキ大将の幼少期 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/23 11:46
幻の戦闘部隊「芙蓉隊」ー頑固親父美濃部正 その1
  今年は、父が亡くなって大好きな大空に鶴となって飛び立って10年になります。2−3年前から、雑誌、テレビ、演劇等でも、「太平洋戦争中に特攻作戦に命をかけて異議を唱えた男」ということで取り上げて頂いて、昭和史の中で語られる事が多くなりました。ネットの中で取り上げて頂いている事も多々あり、みなさまの想いに感謝いたします。                    本人がかつて、あまり語らなかったのは、この戦後の何十年かは、人々の価値観が大きく変わり、故郷や肉親を、そして芙蓉の嶺の美しさを守る気持ち... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/22 11:54

月別リンク

空翔る鶴と芙蓉の嶺/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる